2019年04月19日

図解 アトリエ・ワン 13刷(TOTO出版発行)

☆ タイトル 図解 アトリエ・ワン  13刷

A0278.jpg


アトリエ・ワンのディテール
住宅を中心に数々の作品を手掛け、また「ベニス・ビエンナーレ」(2003年)をはじめ国内外での数多くの展覧会にも出展し、海外での知名度も高いアトリエ・ワン。学生や若者にも非常に人気があり、いままで出版された著作の多さからも彼らのデザインに対する注目度の高さがうかがわれます。

初の図面集となる本書では、図面のみでの表現でアトリエ・ワンのデザインを“解剖”することを試みます。通常、建築書などの理工書では“図面”をまとめたものは“図面集”と称するのが常ですが、今回、本書のタイトルを“図解”としているのには、次の思いが込められています。

「図解は写真のように写実的であるが、写真とは違った感興を呼ぶ。要素を輪郭によって捉え、その輪郭内を水彩で着彩し、ときに文字を書き込む。その手法の徹底が、驚嘆すべき細部を伴った図を生み、観察する対象の多様性を浮き上がらせる。図解において細部を一つひとつ描き分けることは、人間がそれを見る事ができたという達成の証であると同時に、人間の眼差しが対象によって導かれたという証でもある。そういう図解の持つ、主体の開放と観察の誠実によって、アトリエ・ワンによる住宅作品を一覧するのがこの本の趣旨である」(序文より)

この「図解」の手法を用いることにより、建築を学ぶ学生にはデザインやディテールを読み解く参考書となることはもとより、建築が専門ではない一般の読者にも、絵本を見ているような感覚でアトリエ・ワンの建築の魅力が伝わってきます。

いまアトリエ・ワンのディテールがベールを脱ぎます。

※ 図解 アトリエ・ワン  13刷 もくじ等
Microsoft Word - 文書 1.png


本の内容をもくじで探すならトップページへ
posted by ゆー at 07:15| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする