2017年05月22日

不妊体験 38人の心の軌跡

不妊体験に関する本(BOOK)をまえがき&もくじ・目次で探すなら。

★ タイトル 不妊体験 38人の心の軌跡
 
・心ない言葉に傷ついた日もあった。そして今、待ちに待った赤ちゃんが・・・

この本の監修にあたって

 子どもを授かるということは、まことに素晴らしいことですし、子どもが欲しいという願う心は、だれしもが抱く自然な感情だと思います。しかしその一方で、昔から10組に1組のカップルが不妊に悩んでいるという現実がありました。最近ではライフスタイルの変化にもよると思われますが、7組に1組と増加し、より大きな問題になってきています。

 本書には、不妊症の治療に取り組まれた方々の経験や、いろいろな思いが、直接ご自身の言葉で語られています。治療手段は比較的簡単なものから、体外受精や顕微授精まで多岐にわたっています。

 実感のこもった体験談は、不妊治療の経験者や、治療に取り組んでいる方々に、希望と勇気を与えてくれることでしょう。

以下省略     監修者 堤 治

※ 内容をもくじ・目次で紹介します。
Microsoft Word - 文書 1-001
Microsoft Word - 文書 1-002

本の内容をもくじ&はじめにで探すならトップぺージへ
posted by ゆー at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 出産 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

芸能界の お米博士が教える 日本一おいしいお米の食べ方

おいしいお米の食べ方に関する本の内容をもくじ&プロローグで探すなら。

★ タイトル 芸能界の お米博士が教える 日本一おいしいお米の食べ方

ダイエットするならごはんを食べよう!自炊でスリムになる、冷ごはんで腸内環境を整える、「桃流」楽しいごはん生活のすすめ

※ プロローグ
 
おいしいお米とは?
コシヒカリの町・魚沼生まれの魚沼育ち

 私は新潟県の魚沼町で生まれ育ちました。サラリーマンの父がお米作りもしているという兼業農家。通学路には田んぼが広がっていました。

 魚沼市はおいしいお米産地として有名です。魚沼産コシヒカリを耳にしたことはあると思います。

 魚沼で育った私が、毎日食べるご飯はこしひかりです。うらやましいって?ところが、あまりに当り前で、とくにおいしいとも思わず食べていたのです。

 会社勤めをしながら、お米を作っている父を見て「苦労してもそんなにもうからないのによくやるな〜。その時間をホワイトカラーの仕事に生かしたらもっともうかるのに・・・」なんて思って、「お手伝いなんていやだ!」と逃げてばかりいました。

 幸い、兄が親孝行の人間だから、お手伝いはもっぱら兄任せ。親の苦労には見向きもせず、農家のお嬢様を気どっていたのでした。ですから、自分の家で食べるお米の味について考えたこともなければ、そのおいしさに気づきませんでした。

中略

 お米も、料理人である私たちがちょっとした工夫や努力で、もっとおいしく食べられるはずです、お米の特性を知って。おいしいごはんを炊く「パフォーマー」になってください。この本が少しでもその助けになればうれしいです。 おいしくて、楽しいごはん生活を始めましょう。

Microsoft Word - 文書 1



本の内容をもくじ&はじめにで探すならトップぺージへ
ラベル:お米 食べ方
posted by ゆー at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

うつを生きる

★ うつに関する本の内容をもくじで探すなら。

☆ タイトル うつを生きる

 この本は、朝日新聞の連載「患者を生きる うつ」(2006年7月11日〜9月17日)と、うつ関連記事(同年3月〜07年3月に掲載)に加筆、再編集しました。本文に登場する人物の年齢、職業はすべて新聞掲載時のものです。

※うつを生きるの目次はここをクリック。

Microsoft Word - 文書 1.jpg


本の内容をもくじ&はじめにで探すならトップぺージへ
posted by ゆー at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする